(古陶磁・美術品 美術館)フィラデルフィア万国博覧会に出品した有田小学校の生徒や有田の職人の作品を讃えた瑠璃釉金彩陶器賛文変形皿は、1870年代の作品です。

器がほほ笑みながら 心のなごみを注ぎます

陶磁器・古陶磁美術館
陶磁器・古陶磁美術館

香蘭社
瑠璃釉金彩陶器賛文変形皿

■ 年 代   1876年 (明治9年)
■ 寸 法   短24.0cm 長27.2cm 高4.0cm
■ 産地・窯  香蘭社
香蘭社名について

瑠璃釉金彩陶器賛文変形皿

作品説明 有田小学校初代校長の江越道容の書。フィラデルフィア万国博覧会に出品した生徒や有田の職人の作品を讃えた文。原文は納富介次郎のものと言われている。有田小学校を創設する時に江越道容の考えに八代深川栄左ヱ門が感銘し、建設費を出資した縁がある。有田小学校は2016年に創立145周年を迎えた。

陶磁器・古陶磁美術館のトップに戻る

  • 古伊万里(有田)

    将軍家への献上品として藩窯で焼かれた「鍋島」、
    ヨーロッパの窯業地へ影響を与えた「柿右衛門」、
    王侯貴族の蒐集品として珍重された「古伊万里」。

    江戸期以降の有田の三様式を集めました。

  • 香蘭社

    明治8年(1875)の「合本組織 香蘭社」設立前後、以降の名品をご覧いただけます。

  • 宮内庁御用達

    明治8年の会社設立より宮内省御用達の栄に浴した香蘭社。

    歴代の天皇や皇族に愛された品々と製品原画をお楽しみ下さい。