ファインセラミックス部門は、オリジナリティーを大切に、優れた特性の追及を基本に研究(技術)開発を進めています。セラシースのご紹介です。

香蘭社のファインセラミックス

有田焼の香蘭社 ファインセラミックス セラシース(セラミックシース)
有田焼の香蘭社のファインセラミックス セラシース(セラミックシース)



セラシース

弊社は、ファインセラミックスの成形技術を駆使し、
絶縁管と保護管が一体となった新しいタイプの
セラミックシース熱電対を世界に先駆けて開発
いたしました。

これは、熱電対素線がセラミックに内蔵されており、
従来の金属シースでは不可能とされていた1000℃以上の測温も可能になりました。



【構造】

セラシース



【特長】

●セラミックの保護管が不要で、直接使用できるため応答速度が速い。

●応答速度(自社比、500℃の場合)10φの保護管付き熱電対にくらべて、 4φのセラシースは2.7倍速い。

●絶縁管の繁雑な素線通しが不要で、素線取り替え時の汚染の心配がない。
セラシースは継ぎ目、および温接点の露出がないため汚損ガスに対する素線の劣化がない。

●素線と接すると断線を起こす保護管材料(炭化ケイ素、グラファイト、アルミナグラファイト、金属、窒化ホウ素、ホウ化ジルコニウムなど)に、内部保護管なしで使用できる。

●高純度アルミナ保護管(ジェムラン)との併用でさらに長期間の測温も可能。



【材質および特性】

セラシース 特性

【標準寸法】

セラシース 標準寸法
※長さについては最大1500mmのサイズまで受注いたします。
※コネクターおよび端子箱付セラシースも準備いたしております。
※熱電対素線は、セラシースよりも50mm長くなっています。



【熱電対】

JIS規格品で、標準品としてRタイプの0.5φ、0.3φを用意しています。
また、Bタイプの0.5φ、0.3φを準備しています。 使用済みの素線を下取りし、新品のセラシースを割引価格でお渡しすることも
行っています。

※熱電対のみの単独販売もいたします。



【用途】

●鉄鋼業 (コークス炉、加熱炉、熱風炉など)

●半導体 (拡散炉、単結晶引き上げ炉)

●ガラス工業

●焼却炉

●高温焼成炉 (電子用セラミック、耐火物、陶磁器など)

●化学工業 (石油化学、反応炉など)

●セメント工業 (保護管、民生品)

●非鉄金属工業 (その他白金系熱電対が使用されているすべての箇所)



【価格】

セラシースの素線である白金の相場が変動するため、その都度見積もりをいたします。


ページの上部に戻る