ファインセラミックス部門は、オリジナリティーを大切に、優れた特性の追及を基本に研究(技術)開発を進めています。香蘭社のNK-プロセスはセラミックス メーカーへの技術供与も実施しています。

香蘭社のファインセラミックス

有田焼の香蘭社 ファインセラミックスのご案内
有田焼の香蘭社 スリップキャスティング

当社のファインセラミックスはスリップキャスティング(鋳込み成形)という方法でつくります。
これは金属の場合の鋳物の製造法(溶かした鉄を砂型に流し込む)とよく似かよった方法です。

すなわち、原料粉末を溶剤に分散してスラリー化し、その泥漿(スリップ)を石膏型に流し込み、
離型、乾燥後無加圧で焼結を行います。
従来、スリップキャスティング、常圧焼結によるファインセラミックスは、あまり強度が上がりませんでした。
そこで、当社では次のようなノウハウを開発しました。


1.  泥漿にするための添加物(分散材、バインダー)に独自のものを使用しています。

2.  独自な成形プロセスを開発しました。

3.  製造工程で気孔および異物の混入がありません。


これらにより生成型品の密度(Green Density)を大きくすることができ、 これを常圧焼結して、密度を理論密度の99%以上にすることができました。

したがって、当社のファインセラミックス性能上の特徴は次の通りです。


1.  高密度かつ高強度です。

2.  複雑な形状のものができます。

3.  大物ができます。

4.  焼きっぱなしでかなり高い寸法精度(±1%)のものが得られます。
   したがって少ないとりしろでミクロンオーダーの寸法精度のものまで可能です。

5.  一度に多数個生産でき、生産コストが安い。

6.  型に石膏を使うので型代が安価で、他品種少量生産あるいは一品一様な生産形態に
   最も適しています。

【 工程図 】
スリップキャスティング 工程図


なお、板状のものや、肉厚、中実品の成形については機械プレスや、 ラバープレスなどの大型プレス設備を有しており、
量産も可能です。

ページの上部に戻る