明治8年に創立された有田焼の名窯 香蘭社の 江戸から時代を経て今に至るまでの香蘭社の物語。有田焼の名窯 香蘭社となるまでの歴史をご紹介。

有田焼の香蘭社 歴史について

有田焼の香蘭社の歴史 香蘭社のことども
有田焼の香蘭社の歴史 香蘭社のことども


有田焼の香蘭社の歴史

今からおよそ三百年前、江戸文化が華麗に花開いた元禄の頃、初代深川栄左衛門が肥前有田で 『香蘭社』の前身となる磁器の製造を始めました。
そして日本に近代化をもたらした明治維新の激動期、有田焼は佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失いました。

その再興に指導的役割を果たしたのが、八代深川栄左衛門でした。
強い自立の精神が、当時の選りすぐりの陶工や絵付師、それに陶商達を一つにまとめ結社を作りました。
これが『香蘭社』です。


時に明治八年。その後、相次いで世界各国で行われた万国博で数々の名誉金牌を受賞。 海外でもその評価を高めるとともに、明治二十九年には宮内省御用達の栄にも浴し今日に及んでいます。


『香蘭社』の製品は、有田磁器独特の白く硬い透明な生地の上に、 優雅な染付と華麗な赤絵を配した典雅な文様、十八世紀フランスのセーブルを中心に、ヨーロッパで愛好された 金銀彩のルリ釉もの、さらに目にやさしく心がなごむグリーンシリーズ製品など多彩を極めています。

『香蘭社』の製品は、すべて伝統を誇る有田色絵磁器の多様な文様を集大成し、 有田の伝統様式を一歩前進させたとして評価され、世に「香蘭社スタイル」とも「香蘭社調」とも呼ばれ、 広く親しまれています。


香蘭社について トップへもどる

香蘭社の歴史 香蘭社の会社案内
お問い合わせ 有田の観光案内 店舗情報

陶磁器・古陶磁美術館
陶磁器・古陶磁美術館

陶磁美術館はこちらから

商品案内
香蘭社の商品案内

ページの上部に戻る