明治8年に創立された有田焼の名窯 香蘭社の明治から昭和にかけて世界に認められた有田焼、世界万国博覧会出展における輝かしい香蘭社の受賞歴のご紹介です。

有田焼の香蘭社 歴史について

有田焼の香蘭社の歴史 世界万博 受賞歴
有田焼の香蘭社の歴史 世界万博 受賞歴

海を渡った日本の磁器がありました。
明治時代から昭和初期にかけて、世界各地で行われた万国博覧会で香蘭社の作品が金賞やグランプリに輝きました。
当時の賞状と、その頃の香蘭社デザインを忠実に再現した碗皿をご紹介します。


1876年 フィラデルフィア万国博覧会 褒状受賞


有田焼の香蘭社 1876年受賞1

エジソンが蓄音機を発明した頃

アメリカ建国100年を記念して1876年(明治9年)フィラデルフィア万国博が開催。
明治政府も日本の工芸品を海外に紹介するために出品しました。 登場したばかりのタイプライターや電話機、さらに蓄音機や白熱電球などが人々を驚かせる中、 香蘭社の磁器も褒状を受賞しました。

有田焼の香蘭社 1876年受賞2


1878年 パリ万国博覧会 金賞受賞


有田焼の香蘭社 1878年受賞1

ロダンが考える人を制作していた頃

当時のフランスには、画家のルノアールやモネ、文学ではモーパッサン、ゾラ、ニーチェといった人々 が活躍していた1878年(明治11年)、パリ万国博覧会が開かれました。
そんな中、明治政府の紹介で香蘭社の磁器も出品され、金賞に輝きました。

有田焼の香蘭社 1878年受賞2


1888年 バルセロナ万国博覧会 金賞受賞


有田焼の香蘭社 1888年受賞1

エッフェル塔が完成した頃

ヨーロッパでは同時期に2つの万国博が開催。1888年(明治21年)のバルセロナ。翌年にはパリ。
中でもパリ万国博はフランス革命100周年を記念して建てられたエッフェル塔が人気を集め、 3000万人を超える観客を動員しました。
香蘭社の磁器も両博覧会に出品し、金賞に輝きました。

有田焼の香蘭社 1888年受賞2


1909年 アラスカ・ユーコン太平洋博覧会 グランプリ受賞


有田焼の香蘭社 1909年受賞1

探検家ピアリーが初めて北極点に立った頃

当時アメリカで量産車の第1号となったT型フォードが発表されました。
後に1500万台を超える大衆車の製造に成功。現在の自動車産業の基礎となった1909年(明治42年)、 シアトルでアラスカ・ユーコン太平洋博覧会が開催されました。
そんな中、香蘭社の磁器も出品され、グランプリを受賞しました。

有田焼の香蘭社 1909年受賞2


1910年 日英万国博覧会 グランプリ受賞


有田焼の香蘭社 1910年受賞1

メーテルリンクが青い鳥を出版した頃

ハレー彗星が地球に2300万kmまで大接近、世界中が大騒ぎになりました。
また、惜しくもナイチンゲールがこの世を去った1910年(明治43年)、ロンドンで日英博覧会が開催されました。
そんな中、香蘭社の磁器も出品され、グランプリを受賞しました。

有田焼の香蘭社 1910年受賞2


1915年 パナマ太平洋万国博覧会 グランプリ受賞


有田焼の香蘭社 1915年受賞1

パナマ運河が開通した頃

太平洋と大西洋をつなぐ総延長80kmの運河が完成。
ニューヨークとサンフランシスコ間を1万5000km短縮。 運行が開始された翌年、1915年(大正4年)、サンフランシスコでパナマ太平洋万国博覧会が開催。
そんな中、香蘭社の磁器も出品され、グランプリに輝きました。

有田焼の香蘭社 1915年受賞2


1930年 リエージュ国際博覧会 グランプリ受賞


有田焼の香蘭社 1930年受賞1

リンドバーグが大西洋横断飛行に成功した頃

翼よ、あれがパリの灯だ。33時間半に及ぶ大西洋横断無着陸単独飛行に成功。
また、サッカーの第1回ワールドカップが開かれていた1930年(昭和5年)、ベルギーで リエージュ国際博覧会が開催されました。
そんな中、香蘭社の磁器も出品され、グランプリに輝きました。

有田焼の香蘭社 1930年受賞2


香蘭社について トップへもどる

香蘭社の歴史 香蘭社の会社案内
お問い合わせ 有田の観光案内 店舗情報

陶磁器・古陶磁美術館
陶磁器・古陶磁美術館

陶磁美術館はこちらから

商品案内
香蘭社の商品案内

ページの上部に戻る