明治8年創立の有田焼の名窯 香蘭社の歴史のご案内。400年の永い歴史を持つ有田陶磁器に刻まれた印「時代」を解き明かす手掛かりを香蘭社 銘にご覧いただけます。

有田焼の香蘭社 歴史について

有田焼の香蘭社の歴史 香蘭社 銘
有田焼香蘭社の歴史 香蘭社 銘

長い歴史の中で伝統を守り続け、日本のみならず世界中へ陶磁器の数々を 送り出してきた
香蘭社。
それら時代の流れを感じさせる磁器に刻まれた香蘭社銘をご紹介します。

有田焼の香蘭社 ライン

喜三製

香蘭社 銘 喜三製

「喜三製」の銘。明治8年の合本組織香蘭社設立当時に使われたもので、 喜三とは設立メンバーである深海墨之助・竹治兄弟の父・平左衛門のことで、名工と謳われました。

有田焼の香蘭社 ライン

辻製

香蘭社 銘 辻製

「辻製」の銘は、喜三製と同じく、合本組織香蘭社の設立メンバーである辻 勝蔵に由来しています。

有田焼の香蘭社 ライン

蘭の花

香蘭社 銘 蘭の花

赤い色(上絵具…うわえのぐ)を使って香蘭社の商標である「蘭の花」が描かれています。 蘭の花のみを描いたものは、初期の香蘭社作品に多く見られます。

有田焼の香蘭社 ライン

榎庵深川製

香蘭社 銘 榎庵深川製

「榎庵深川製」。榎庵(えのきあん)とは香蘭社の創設者・深川栄左衛門の居宅である深川本家の別称で、 庭に榎の木が多く植えられていたことからこの名前がついたと伝えられています。
明治前期から中期にかけて使用されました。

有田焼の香蘭社 ライン

日肥山深川製

香蘭社 銘 日肥山深川製

「日肥山深川製」の銘。これは「日本の肥前の有田皿山の深川製」という意味です。
「山」とは窯を用いて焼き物を焼いた所を指し、皿山とも呼ばれます。
明治前期から中期にかけて使用されました。

有田焼の香蘭社 ライン

肥蝶山深川製

香蘭社 銘 肥蝶山深川製

「肥蝶山深川製」の銘。肥蝶山とは有田皿山のことです。 このマークは明治中期に使用されたものです。

有田焼の香蘭社 ライン

年号

香蘭社 銘 年号

珍しいものでは、年号入りのものがあります。

有田焼の香蘭社 ライン

深川製、肥前深川製

香蘭社 銘 深川製 蘭の花

蘭の花のマークに「深川製」、「肥前深川製」など。 これらのマークは明治初期から末期のものです。

有田焼の香蘭社 ライン

深川造

香蘭社 銘 深川造

「深川造」。明治末期、深川製磁株式会社が香蘭社から独立する以前に、 当社が使用していたものです。
深川製磁の設立者は、当時の香蘭社社長・第九代深川栄左衛門の弟である深川忠次。 現在は、香蘭社は「蘭の花のマーク+香蘭社の文字」を使い、 深川製磁は「富士流水のマーク+深川製の文字」を使用しています。

有田焼の香蘭社 ライン

日深川製

香蘭社 銘 日深川製

「日深川製」。日は「日本」の略で、輸出品用のマークです。 赤い色で線と文字を描き、中を金色で濃(だ)んであります。
※濃(だ)み…絵具を使って色を付けること。作業をする職人は「濃み手」と呼ばれます。

有田焼の香蘭社 ライン

香蘭社造

香蘭社 銘 香蘭社造

「香蘭社造」。昭和10年代、香蘭社工芸部で使用したものです。
工芸部とは、戦前、社内の選りすぐった職人を技術保存のため一箇所に集め、 高級磁器を製作していた部門です。 香蘭社は当時の商工省より技術指定を受け、選ばれた職人は徴兵されることもなく、 磁器の製作を行っていたという記録も残っています。

有田焼の香蘭社 ライン

蘭の花のマーク

香蘭社 銘 蘭の花

「蘭の花」のマーク。蘭の花のみの呉須描きのマークは、各時代にわたって広く使用されています。

有田焼の香蘭社 ライン

コオラン

香蘭社 銘 コオラン

扇形に「コオラン」の銘はあまり見かけることがなく、珍しいものです。
大正から昭和の初期にかけて生産されたものと思われます。

有田焼の香蘭社 ライン

輸出用のマーク

香蘭社 銘 輸出用

いずれも輸出用のマークです。左のマークは昭和初期に使用されたものです。
右のマークは昭和20年代後半にかけて、長崎県佐世保市に駐留していた 米軍の販売所(POST EXCHANGE=略称PX)の要請によって製造された商品に使用されたもの、 あるいは戦後の需要低迷を受け、海外輸出を考えて製造された商品に付けられたもの、 のいずれかと思われます。

有田焼の香蘭社 ライン

一般食器(昭和40年代)

香蘭社 銘 昭和40年代

一般食器に使用されていたマーク。これは昭和40年代のものです。

有田焼の香蘭社 ライン

一般食器(昭和50年頃)

香蘭社 銘 昭和50年

このマークは昭和50年頃、一部の商品に使用されました。

有田焼の香蘭社 ライン

一般食器(昭和50年代後半)

香蘭社 銘 昭和50年代後半

昭和50年代後半まで一般食器に使用されていたマーク。

有田焼の香蘭社 ライン

磁芸工房

香蘭社 銘 磁芸工房

香蘭社磁芸工房で製作していた作品に付けられていたマーク。
磁芸工房とは、昭和45年4月1日、高級磁器の製作のために設けられた部門のことです。
昭和59年6月30日に閉鎖され、現在では、手描き、手濃みの伝統的な製品に使用されています。
また、陶板などにはレリーフとして使用されています。

有田焼の香蘭社 ライン

一般食器

香蘭社 銘 一般食器

現在、一般食器に使用しているマークです。
蘭の花のマークは、昭和36年(1961年)に商標登録されています。

有田焼の香蘭社 ライン

香蘭社赤繪町工房

香蘭社 銘 香蘭社赤繪町工房

平成2年、有田焼の伝統様式にとらわれずに、 自由でオリジナリティにあふれた新しい色絵磁器の 作品づくりを目指して開設された「香蘭社赤繪町工房」の製品に付けられているマークです。
ここでは、香蘭社で永年絵付けに専念し、伝統技術を継承した経験豊かな絵付師たちが筆をとっています。

有田焼の香蘭社 ライン

香蘭社クラシック

香蘭社 銘 香蘭社クラシック

明治期以降の古陶磁は完成度が高く、技術やその緻密な職人技を現代の技法で再現させた 「香蘭社クラシック」。
平成19年度に「彩現」をテーマにこだわりの伝統美が蘇りました。

有田焼の香蘭社 ライン

深川栄左衛門

香蘭社 銘 深川栄左衛門

平成21年、香蘭社は130年を迎えます。それを期に立ち上げるブランドです。
創設者「深川栄左衛門」をテーマに華麗と優美、伝統を受け継ぐ香蘭社の技術の集大成を試みます。


香蘭社について トップへもどる

香蘭社の歴史 香蘭社の会社案内
お問い合わせ 有田の観光案内 店舗情報

陶磁器・古陶磁美術館
陶磁器・古陶磁美術館

陶磁美術館はこちらから

商品案内
香蘭社の商品案内

ページの上部に戻る