有田焼のカップ・マグカップ・ソーサーのご案内。有田焼の香蘭社は、創業318年。世界各国で数多くの名誉金牌を受賞した有田焼の美術工芸品、食器はもちろん、骨壷や万華鏡など多彩な商品の製造販売をしています。

有田焼の香蘭社 オンラインショッピング

カップ 商品一覧

最近では飲み物以外に、スイーツを入れてデザートカップにしたり工夫次第でいろいろ使えるマグカップやフリーカップ
1人でゆったり過ごすひと時、親しい友人や大切なお客様をおもてなしする時、どんな時にもどんな場面でもお使い頂けるカップ&ソーサーカップは手に持ち、重さや大きさ、口当たりが大切です
暮らしのシーンに応じてあなた好みのカップで豊かな気持ちになれる心地のよい時間を過ごしたいですね!

新着順に 121-132 を表示(全148商品)
«前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 次へ»
(愁海棠)1客カップ&ソーサー
価格: 27,000円
香蘭社が自信を持ってお勧めする上質の最高級デザイン「愁海棠」のコーヒー碗皿です 明治時代にデザインされた代表シリーズが、ひと時の高級な時間をもたらしてくれます
(ノーブルローズ)ペアコーヒーカップ&ソーサー
価格: 5,400円
控えめなピンクの薔薇とブルーの薔薇が貴婦人のような佇まいのペアデザイン 少し厚めの生地で作られたカップと、スクエアーになっているソーサーがお洒落です
(うめ)フリーカップ
価格: 2,160円
梅は「百花のさきがけ」と言われるように、厳冬の中で薫り高く咲き始める花、「生命力」の象徴です。 それぞれにお洒落な文様の中から、素敵な組み合わせを楽しみましょう。 角皿とも合わせられます。

(リンドフィールド)コーヒーカップ&ソーサー5客セット
価格: 10,800円
春蘭をデザインした「リンドフィールド」と名付けられた息の永い人気シリーズ すっきりした形が美しいコーヒーカップ&ソーサーの5客揃い
(くも)フリーカップ
価格: 2,160円
古来より人々は、千変万化する「雲」に吉凶の意味を託していました 瑞祥を表す「雲」は瑞雲と呼ばれています それぞれにお洒落な文様の中から、素敵な組み合わせを楽しみましょう 角皿とも合わせられます
(夢の船)モーニングカップ
価格: 4,860円
帆に風を受けて走る船 6000年をこえる船の歴史を通じて中心的存在であった帆船を、夢のように楽しいイメージでデザインされたモーニングカップです

(梅に流水文)コーヒーカップ&ソーサー
価格: 37,800円
春の訪れを情緒豊かに描写した、琳派に通ずる代表的な日本古来の伝統文様を「釉はじき」で表現したシリーズ 梅の「静」に対して、流水の「動」は、高貴で荘厳な美しさを秘めた最高級のコーヒーカップ&ソーサーです
(赤蒔地紋) フリーカップ
定価: 3,780円 → 価格: 2,700円
美しい白磁に赤蒔地紋のデザインがアクセントのシンプルなデザインのフリーカップです。お茶を頂く時にもお酒を頂く時にも幅広く多用に使えます。
からくさ・フリーカップ
価格: 2,160円
生命力が強くどこまでも無限に伸びていくところから、「長寿」や「子孫繁栄」のい象徴とされています それぞれにお洒落な文様の中から、素敵な組み合わせを楽しみましょう 角皿とも合わせられます

(波に月文)コーヒーカップ&ソーサー
価格: 37,800円
満月に照らし出された銀色の波が輝きを増し、幾重にも重なり合い、波模様を生み出します 波文様は季節を問わず、波に乗る、乗り越える、という意味で古来より吉祥の伝統文様 「釉はじき」シリーズのコーヒーカップ&ソーサーは最高級のティータイムを演出します
(雪輪)フリーカップ
価格: 2,160円
雪の結晶を表した六角形の文様は、豊作の瑞兆として好まれてきました。 9種類あるお洒落な文様の中から、素敵な組み合わせを楽しみましょう。 角皿とも合わせられます。
(松に雁文)コーヒーカップ&ソーサー
価格: 37,800円
尾根沿いに連なる美しい松並の上を群れをなし、伸びやかに飛びゆく雁たちの光景 雁は「絆」の象徴、吉報を伝える鳥といわれ、平和、幸運を意味します 日本古来の伝統文様、世界を磁器の持つ透明感と造形美の中に表現した「釉はじき」シリーズの最高級コーヒー碗です

▲ ページの上部へ



新着順に 121-132 を表示(全148商品)
«前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 次へ»
メールが届かないお客様へ お買い物カゴの中を見る
ブランド一覧
  • 栄左ヱ門
  • 香蘭社クラシック
  • 磁芸工房
  • 香蘭社
  • 赤繪町工房
  • 香蘭社コレクション
香蘭社について
詳しくはこちら