明治8年(1875)「合本組織 香蘭社」設立以降の名品は、古陶磁・美術品 美術館でご覧頂けます。ロクロで成形後、削りで極限まで薄くし、図柄が透けて見えるコーヒー碗とポット。1870年代の作品です。

器がほほ笑みながら 心のなごみを注ぎます

陶磁器・古陶磁美術館
陶磁器・古陶磁美術館

香蘭社
色絵牡丹鳥文コーヒー碗皿/色絵梅麒麟文コーヒーポット

■ 年 代   1875〜1880年代
■ 寸 法   碗 口径5.1cm(把手まで7cm) 高5.5cm
         皿 径10.1cm 高2.2cm
        最大径11.1cm×22.3cm 蓋付高20.4cm 
■ 産地・窯  香蘭社
香蘭社名について

色絵牡丹鳥文コーヒー碗皿/色絵梅麒麟文コーヒーポット

作品説明 コーヒー碗皿はロクロで成形後、削りで極限まで薄くしているため、図柄が透けて見えている。薄くし過ぎると変形してしまう

陶磁器・古陶磁美術館のトップに戻る

  • 古伊万里(有田)

    将軍家への献上品として藩窯で焼かれた「鍋島」、
    ヨーロッパの窯業地へ影響を与えた「柿右衛門」、
    王侯貴族の蒐集品として珍重された「古伊万里」。

    江戸期以降の有田の三様式を集めました。

  • 香蘭社

    明治8年(1875)の「合本組織 香蘭社」設立前後、以降の名品をご覧いただけます。

  • 宮内庁御用達

    明治8年の会社設立より宮内省御用達の栄に浴した香蘭社。

    歴代の天皇や皇族に愛された品々と製品原画をお楽しみ下さい。